お供えの花

今日も蒸し蒸ししますね。もう少しカラッと晴れてくれたらドライブに行きたいなー。なんて思っているのですが。来週までは難しいかもしれませんね。
先日、ドライブに行ったときには、某大きい国道で大きな事故があった現場を通ると、お花が供えられていました。お花ってお葬式の時に使うだけでなくて、事故現場にもお供えするものですね。
遠出をした時にたまに、お花が供えられているのを見かけます。壊れたガードレールの脇に、たくさんの供物、お花が供えられていて、その亡くなった人が如何に人望があったか、みんなに好かれていたかがわかる一面でした。
一つ一つは小さい花束だけれど、たくさん集まるとすごいものですね。
私も、病気で知り合いが亡くなった時にお花を買って、お葬式に行きました。
その人はお花が大好きだったので、いつもお見舞いの時に持って行っていた、その人が好きだったお花を買って参列しました。
できれば起こってほしくないことですが、みんなが必ず通る道。否定してはいけないと思っていても、その悲しさや寂しさからお葬式を否定してしまう気持ちが私の中にあります。
特に、事故にあっていきなり…なんていうのはすごく嫌です。
最近とても多い飲酒運転での事故は最悪ですね。
幸い、私の周りの人たちは、大きな事故に巻き込まれたこともなく、私も道路にお花を供える機会は今までありません。
これからも、事故によってお花を供える。ということが無いことを願っています。